2017/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< >>

 

夏の夜に電線に真っ黒に群がっているムクドリ。
あの「ギャーギャー」うるさい奴ら。

グランドにも登場です。
なんか、みんなで芝(じゃなくて雑草なんだけど…)の中に頭を突っ込んで、餌を漁っているようです。

捕まえて、焼き鳥にしちゃうぞ!

追いかけたら、さすがに逃げちゃいました。





そー言えば、久々のセミ談義。

最近やっとアブラゼミなんかが登場して「ジージー」鳴き出しましたね。

やっぱり、夏本番です。

こんなところで脱皮してるニイニイゼミ。こいつだけは泥だらけなんだよね。

 

うちの玄関に、招かれざる客が来た。

黒服に赤い靴。40本も脚がある。

せっかくなので、記念撮影。パチリ!

ゴメン。君はどうも好きになれない。
わかれよう。

いや、分けてあげよう。2分割。   いや、八つ裂きだぁ!

なんか、時々来るんだよね。この子たち。

嫌い!





セミなんですが、今日のお昼もぜんぜん鳴いてなかった・・・。


ところが!


帰るときに、聞きなれた声!

「カナカナカナ!」とか聞こえるそうだけど、

ばあちゃんが「ケトケトケト!」って言ってたので、私にはそう聞こえるヒグラシが2匹鳴いてました。

ホッとした。



ムシムシした日が続きます。

今日は、昨日のカブトムシに続き、カマキリであります。

こっちを向いて、「ハイ!ポーズ!」
昨日の雨上がりに撮った1枚です。

カマキリって共食いすることもあるそうですね。ただし、オスがメスを食うことはないとのこと。
せっかく自分の遺伝子を引き継ぐ卵を産んでくれるメスを、捕食するわけないでしょ。

メスはどうかと言うと・・・、腹が減ってくれば、オスを食べちゃうこともあるそうです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%82%AD%E3%83%AA

鎌で切られるとケガしそうで、小さい頃は手出しできなかったですが、
大きくなってからは、カマキリとケンカしても負けなくなりました。



ところで、それなりに夏みたいな天気なのですが、セミが鳴かないですね。

ちょっと気になる今日この頃。



話が支離滅裂なのはご勘弁。なんせ、酔っ払い。

 

今朝は、早朝から天気予報とにらめっこしながら、グランド状況のチェック。

あまりのコンディションの悪さに、早々のギブアップ宣言。
そーしたら、1人(1匹)の観客が・・・。

カブトムシくんです。


寒い雨の中、濡れて気を失いかけていたので、助けあげてクルマの中へ。

で・・・、持ち帰る途中で、小学生にプレゼント。
元気になってね。







ところで、いつもの戯言。

カブトムシって、「よろい・かぶと」の兜に似ているから、兜虫って言うそうです。
それでは、武士たちがいない頃、例えば縄文時代とか弥生時代の頃はなんて呼ばれていたのかな???

もしかしたら、カブトムシに似ている「かぶりもの」を兜!・・・って名づけたんじゃないのかなぁ。

クワガタとか、カマキリとか、ダンゴムシ・・・。みんな同じような疑問がぁ〜!!!


ガマパパ的に1つひらめいた。

きっと大昔は、いろんな虫に名前をつけてる余裕なんてなかったんだろうと。
食べられるものと毒があるものは、区別するために名前をつけるけど、それ以外はみんな無視。

だから、ムシっていうんだよ、きっと。  座布団1枚!



 

わたしの家の庭には、いろんな植物が植えてあります。

ドングリを植えた際には、トトロが来てくれて「ウォー」って(ウソ)、あっという間に大きくなって(ウソ)、
邪魔になって切っちゃいました。(ホント)

でも、頑張って毎年生えてきます。根っこがあるから。
これぞ根性ってんだい。わかったか!こらっ!



ところで、写真はグミ(茱萸)の実です。
ちっちゃい頃は、よく食べたものです。すっぱいんだよね。 ・・・確か。



さて、問題です。

うちに生えている、グミ・ユズ・山椒に共通する特徴はナニ!?

簡単だよね。


答えは、

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・






・・・次の機会にでも。

バイバイ



でんでん虫。

草刈りをしていたら、ちっちゃいのがい〜っぱい出てきちゃって。

酸性雨の影響で、塩に溶けちゃいそうな連中は苦しい日々を過ごしていると思っていたんだけど、がんばっているなぁ。

 

カタツムリって、片方の目が引っ込んでウインクしてるみたい・・・ということから付いた名前だと勝手に信じていたのですが、

「かた」は笠・「つむり」は粒→貝で、

「笠をまとった小さな貝」みたいな意味なんだそうです。

出典はこちら。
http://gogen-allguide.com/ka/katatsumuri.html



再生可能エネルギーのシンボルみたいな白い風車が2基。
お~! 近くにあったりした。

なんか、あまり回ってる気がしないんだけど。
ま、遠いからよく見えないんだけどね。 ←近くじゃねぇのか!

どこかの大学が開発したつくばの回らない風車よりは回ってるよ、きっと。

先日、風レンズなる新聞記事を見ました。
3倍くらいの風量が稼げて、騒音なんかも抑えられるし、かなりいい感じ。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20120214/227196/

ダイソンの扇風機と同じような発想なのかもね。アッタマいい。